どちらも本人確認は必須

カードローンには本人確認が必要

カードローンは簡単に申し込めすぐにお金を借りられます。インターネット経由で簡単に申し込め、インターネットからなら24時間申し込み可能です。
インターネット経由では申し込みは各カードローンのホームページ上にある申し込みフォームから行い、借りたい金額、名前や住所、職業など必要事項を入力して審査を受けます。
しかし、このときには本人の確認が必要です。本人確認には、運転免許など本人確認書類を提出しなくてはいけません。これは、消費者金融、銀行ともに必ず必要な手続きになります。それに、源泉徴収票など収入証明書類も提出しなければいけません。
申し込みをする前に用意しておくと、手続きがスムーズにいくのでお金を借りる際には前もって準備しておくといいでしょう。

電話の本人確認もある

本人確認には電話でも行われ、申し込み時に記入した電話番号にカードローンの担当者から確認の電話がかかってきます。くわえて、本人確認書類の提出とともに本当に申し込みの際に記入した勤務先で働いているかどうかの確認もあります。カードローンの担当者が勤務先に電話をかけ、本人につながるかどうかで在籍確認するという方法です。 会社にお金を借りることがばれるのでは、と考える方がいるかもしれませんが心配の必要はありません。カードローンの担当者は社名を名乗ることはないので、この電話でお金を借りようとしていることが周りにばれることはありません。 浪費をしてしまって生活費が不足したり冠婚葬祭など急な出費があったりなどで、お金を借りなければいけない状況の方もいることでしょう。カードローンでお金を借りる際には本人確認は必ず行われるので、かかってきたら電話に出られるようにしておきましょう。